イベントスタッフとして働いていた大学生がメリットとデメリットをまとめてみた

未分類

こんにちは、すみやんです。

今日も書いていこうと思います。

 

僕は大学入学してから、イベントスタッフ

というバイトをしていました。

 

基本、稼ぐならどんと稼いでしまおう

という思考で動いていたので土日は

10時間くらい働いてました。

 

今は、コロナウイルスの影響でこの

仕事は少ないですが落ち着いてきた

ときにチャレンジしてみるといいです。

 

では早速イベントスタッフの様子から

見ていきましょう。

 

イベントスタッフの様子

基本的に大学生くらいの若い人が多いです。

イベントにもいろいろありますが、僕が経験

したことあるのは、

 

・就活イベント

・夏休みのおもちゃのイベント

・有名人のライブ

等です。イベントスタッフの主な仕事は

お客さんの案内をすることなので、お客

さんがこないと暇になります。

 

しかし、ずっと立つ必要があるため30分から

長くて2時間以上我慢できないときついです。

まあ、やってれいば慣れてきますが。

 

昼食は大きな会場であれば基本出してくれます。

休憩時間も30分くらい小刻みに入れてもらえるため

やりやすいです。

 

ここらへんでイベントスタッフのメリットとデメリット

を紹介します。

 

イベントスタッフのメリット

まず最初に言えることは、時間を守ることが

できるようになるということです。

 

イベントは大勢の人により行われているため

人数が遅刻のせいで足りなくなったとなると

非常に迷惑なことになってしまいます。

 

そのため、前日は会場まで何を使って何時まで

にたどり着けばいいのかをきちんと考えて寝ること

が必要になってきます。

 

時間に余裕を持って行動できるようにすれば

万が一何かあったとしても冷静に対処できる

ようになります。

 

コミュニケーションスキルが身につく

案内をすることが主な仕事であるため

トイレの位置や、他の会場の位置を教える

ということがあります。

 

会場についた後にそういった質問にどう答えれば

いいのか教えてもらえる時間があるのでそこを

心配する必要はないです。

 

自信をもってお客さんと接することができるため

コミュニケーションスキルが上がること間違いな

しです。

 

日給が高い

都会のイベントになると日給が1万をこすことは

普通になってきます。頑張った分だけ報酬がもら

えるため、自分から仕事を引き受ける人もいます。

 

土日合わせて、2万円以上をもらえるのでとても割り

のいいお仕事です。

 

出会える確率は高い

大学生の人が多いため、若い女性の方

は多いです。

 

また案内の担当で異性の人と同じ班

になることもあるので話してみる

価値はあります。

 

もし、うまくいかなくてもその場限り

の出会いのため引きづることはないと

思いますよ

思いもよらない休憩があることもある

これは、僕が個人的に経験したことですが

足りないところを手伝ってほしいと言わ

れたと思ったら1時間待つだけだった

 

とか、お客さんが全く来なくて仕事を

ほとんどやらなくて済んだということ

もあります。

 

期待してはいけませんが、そういうこと

もあります。

 

ここからはデメリットを紹介していきます。

イベントスタッフのデメリット

まず、一番のデメリットは朝が早すぎる

という点です。都会の人は会場に近くて

早く起きる必要はないことが多いです。

 

都会から離れている場合、始発の電車

を使わないと間に合わないこともあり

朝の3時半に起きて始発の電車に乗っ

こともあります。

 

とにかく眠い、眠すぎる!と思うことは

何度かありましたし、ぼーっとして目的地

で降りることを忘れそうになったこともあ

りました。

 

交通費が支給されないことが多い

これまた、都会の人は関係ないのですが

離れていると往復で2000円以上運賃に使

わなきゃいけないこともあります。

 

交通費が支給されても400円だけだったり

します。おいおい、なめんとんのかと言い

たくなりますが、意外とそれが普通だった

りします。田舎民にはきついところがあります。

労働時間考えないこともある

僕が体験したのは1回だけですが、1日に

12時間(休憩抜き)働いたこともあります。

 

長引いたので残業という形で仕事をやりまし

たが、とてもきつかったです。正直もうやり

たくないです。次の日、案の定風邪をひいて

しまいました。

 

バイトの翌日はのどが痛くなりがち

案内をするうえで大きな声をだすこと

は必須条件になってきます。応援団ほど

声を出す必要はありませんが一日中言っ

ているとのどが痛くなります。

 

できるだけ、声をセーブしながらお客さんを

工夫して案内することで自分を守っていかな

いといけません。

 

イベントスタッフバイトのまとめ

とりあえず、お金を短期間で効率よく

お金を稼ぎたいと思ったらイベントス

タッフが最強です。

 

もちろん、色々大変ですが最初にお金が

なかったら自由な生活もできません。

 

僕は、ブログとプログラミングをやるために

パソコンを買わなくてはいけませんでした。

イベントスタッフで稼いだお金で結構スペック

のいいパソコンが手に入りました。

 

とても早く動くのでブログを書くときは

重宝しています。あなたもバイトでお金を

貯めたら、消費ではなくて自分に投資して

みてください。

 

自分に投資して、この肉体労働を早く終わ

らせて自分の自由な人生を作っていくこと

に時間をかけていきましょう!

 

それでは。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました